ハイタイ!沖縄で働く女子ブログ

エステ、ナイトライフ、脱毛とか、いろいろ書きますよー

沖縄の脱毛サロン探し

Makiです。この間嘘をつきました!私はそんなに毛深い方ではないという話をしたのですが、どうやら周りの人に比べたらというだけのようです・・・・。やっぱり沖縄は全体的に毛深いようでして、全国的に考えたら、私は普通に毛深いみたいですね。

また脱毛サロンに通おうと思っていて、今度はミュゼにしようと思って店舗を確認してみました。おもろまち駅の近くにあるようです。はちみねビルの中かな。

沖縄でミュゼを探しているときに見つけたサイトでランキングを付けていたのですが、ミュゼはあんまり人気ないのかな?

https://www.xn--s-q48bvuy17ccud.com/

5位とのことです。ミュゼの別ブランでコロリーというのがあるのですが、そちらが1位!新し目の店舗でなんだか良さげですね。

こちらも気になりはじめたのですが、ミュゼと何が違うのでしょう。ちょっと確認した限りだと、コロリーは全身脱毛に特化しているようです。部分脱毛を希望している場合は、ミュゼがよいみたい。となると、私は結局ミュゼで落ち着きそうです。

が、実は私も多少毛深い説も感じてきているので、この際コロリーで全身脱毛というのも一つの選択肢ですよね。どうしよう。

とりあえずどちらも無料カウンセリングに行ってみて、店舗の様子を見てから決めても良いですね。

またやーたい!(ではまた!) 次は脱毛開始しているかな。

また夏に向けて脱毛サロンに行こうかと

すっかり放置していたブログを思い出したMakiです。

去年の冬から大手の脱毛サロンJに通いはじめて、夏頃までにそこそこきれいになっていました。が、その後夏のシーズンを終えてからサボってました・・・・。露出が減るにつれて、面倒さが勝ってしまって、脱毛サロンに行かなくなってしまったんですね。

ただ、やっぱりこれくらいの季節になってくると、次の夏シーズンに向けてムダ毛が気になってくるわけです。しょーもないですね。で、また通い始めようと思ってます。今度はあえて別の脱毛サロンにしてみましょうかね。キャンペーンなんかを利用すると格安で脱毛してもらえたりしますもんね。

ミュ◯とか100円キャンペーンという広告を見たりもしますが、あれは本当なのでしょうか?店舗側が100円で元が取れるはずがないので、絶対に裏があるはず!笑

まぁ、お試しってことなのでしょうね。脱毛効果がしっかりわかれば、他の部位や全身脱毛も考えるでしょうしね。私の場合は、脇とVIOとかだけでいいんですよね。そこまで毛深いわけではないので、部分的にムダ毛をなくしたいのです。

脇とか特にキャンペーンが多い気もするので、タイミングを見てまた脱毛サロン通いを始めようと思いますよ。

またやーたい!(ではまた!) また1年後くらいだったりして・・・。

那覇で初の脱毛体験!

Makiです。沖縄に横浜から移住して4年が経ちました。
沖縄ライフとか仕事とかいろいろこれから書いて行こうと思います。

先日、ある那覇市内にある脱毛サロンのカウンセリング(無料体験)に行ってきました!
私はずっと自己処理してて、
この湿度高めな沖縄でもカサカサになってしまって、
特にVラインのあたりとか黒ずんできたので
(っていきなりディープな話でスミマセン)

これはやばし!と。暑くなる前に今のうちにと
行ってきたのでありました。大手のJです(←バレバレ?)

まずは受付を済ませると、スタッフの方が
カウンセリングシートを横目に、これまでの自己処理の方法、
そして希望の脱毛部位を聞かれました。

私はまずは両ワキとVラインを希望。

そして肌と毛のチェックに入ります。肌の水分量とかを
特殊なチェッカーで図ります。

「Makiさん、シェービングでかなり傷ついてますね、」と言われました( ゚Д゚)

肌がいたんでいると普通、光照射の脱毛でも
けっこう痛みを感じるそうです。

でもJ社の脱毛法はヒアルロン酸トリートメント脱毛で
熱や痛みを感じないそうです。

(ここに来て正解・・・)\(^o^)/

さてこれから初めての脱毛体験です。

まずは着替えです。ジェルやローションを塗るので
まさかTシャツをまくってというわけにはいかず、
専用のスカートタオルに着替えます。

そして施術開始!
時々パチっとした痛みを感じますがなぜか
スタッフさん、それを分かってるようで
ジェルをたっぷりつけてくれました。

おかげでそれほど痛みも感じず両ワキ終了!

さて次はVゾーンへ。。。。

結局入店から1時間半くらいかかりました。

2週間後どうなっているのかな?
毛がキレイに落ちていることを祈って今日はここまでとします!

またやーたい!(ではまた!)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén